男性更年期

 

 

更年期障害っていうと、女性ばかりが目立ちますけど、男性にもあるんです。

 

症状は、女性の更年期障害と似ていて
無気力・やる気が起きない・疲れやすい・うつ不眠・発汗・肩こり・性欲減退など。

 

原因は、やはりホルモンバランスの乱れ。

 

企業戦士の男性は、仕事関係でのストレスを感じる人が多く
上司から怒鳴られたり、嫌みを言われたりすることがストレスになり
俺はダメな人間・・・自分で自分に烙印を押してしまうことが多いようです。

 

怒鳴る上司や嫌みを言う人は、更に上司からつつかれるということもありますが
年齢的には更年期ゆえ、更年期障害の一つなのかもしれないし
ただ単に、ストレスのはけ口にしていることもあるでしょう。

 

常にストレスにさらされ、耐え続けることで
男性の場合、うつのようになってしまう人が多いようです。

 

昔を懐かしんで
あの頃は良かったな~
昔は女性にもモテたんだよな~
というような言葉が口癖になっている人もいるでしょう。

 

これは、今の自分を受け入れられていない状態。
認めたくない思いは強いでしょうけれど、更年期だという事を受け入れると
どういった対策をすればいいのかが見えてきます。

 

以前TVでやっていたのは、急に怒りっぽくなった男性のこと。
あまりに怒鳴り散らすので、病院で見てもらったら「更年期障害」という診断に驚いていました。

 

更年期障害の症状は皆同じではなく、人によって違います。

 

私の夫も、怒鳴り散らすタイプです。イラついているのがわかります。
でも、正直なところ、更年期障害だなんて面と向かって言えないもんです。

 

そんな夫に飲ませたじまったのがプラセンタサプリメントなんですよ。
50歳過ぎた頃に飲み始まり、何年も飲んでもらっています。
ほとんど病気をしない人で、薬なども飲んでいなかったこともあり
飲んでもらうまでには時間がかかりましたが
私が長年飲んでいることを知っていたので、次第に飲んでくれるようになりました。

 

夫は、自分では気づいていないかも知れませんが
以前のように怒鳴り散らすことはなくなったし、穏やかになったと感じています。
夫の場合、自分で気付いたのは、白髪が目立たなくなってきた!ということ。
自分で驚いていて、これもプラセンタ効果なんですよ。
それを実感してからは、すっかりプラセンタがお気に入りになったようで
息子にもプラセンタの話をしたりも (* ̄m ̄)

 

 

男性更年期対策

太らない食事

 

 

まずは太りすぎないこと。
肥満は更年期障害を加速させます。

 

食生活では、男性ホルモンには肉類が有効ですが、脂身は避け、調理法も気を付けましょう。
また、長ねぎや玉ねぎなどのねぎ類もおすすめです。

 

男性更年期に有効な栄養素は、亜鉛・ビタミンB群。
いらいら緩和にはビタミンCを。ホルモン調整作用があるビタミンEもおすすめです。

 

icon-check-list亜鉛
カキ・あさり・豆・レバー・ホタテガイ・うなぎなど。

 

icon-check-listビタミンB1
豚肉・たらこ・うなぎ・レバー・ハム・ベーコン・いくら豆類・玄米・のり・わかめ・しいたけ・こんぶなど。

 

icon-check-listビタミンC
ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツなど。

 

icon-check-listビタミンE
さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごまなど。

 

 

夫の症状が緩和したのは、上記のような栄養素をプラセンタからとれたことも大きいと思います。

 

 

アルコールは、適度に飲めばリラックス効果がありますが、飲みすぎると逆効果になります。

 

icon-check-listビール 500ML
icon-check-list日本酒 180ML
icon-check-list焼酎  110ML
icon-check-listワイン  180ML
icon-check-listウイスキー 60ML
icon-check-list缶チューハイ 520ML

体に良いアルコールの飲み方はコチラ

 

上記を目安に飲みましょう。

 

また、運動をすると、男性ホルモンが活性化することがわかっています。
ウォーキングやストレッチ・筋力トレーニングなど、生活スタイルに合わせ継続しましょう。
程よい汗をかくくらいがおすすめ。
辛い運動はストレスになり、逆効果になります。