64

 

 

湿気がむんむんの夏が終わり、やってくるのが秋。
秋は、夏にあった湿気が少なくなってきて、お肌が急激に乾燥しやすく、ダメージを受けやすい季節。
夏バテ症状はお肌にもでてきます。

 

icon-check-list肌乾燥

icon-check-list肌くすみ

icon-check-listシミ

icon-check-listしわ

icon-check-list艶がない

icon-check-listハリがない

 

こういった症状は夏バテ肌の特徴です。

 

湿気があった夏は、汗をかいても肌乾燥は感じにくいですよね。
でも、秋はそうはいかない!
湿気が少なくなってきていることから、汗をかいた後は、すぐにかさかさしてきます。
かさかさしてきた乾燥肌をそのままにしていくとどうなるかっていうと・・・

 

肌バリア機能が低下して、潤いを留めることができず、どんどん乾燥していき、角質層が本来の機能を果たすことができなくなります。

外的刺激を受けやすく、またターンオーバーも乱れまくります。

 

そして、外的刺激を受けやすくなったお肌は、荒れてかゆみを感じることが増えていきます。

 

これは、本来なら真皮層にあるかゆみ神経が、角質層まで上がってきてしまうことが原因になるようです。この場合、角質層に本来の水分が戻れば、かゆみはおさまっていきます。(スキンケア大学より)

 

こういったことをまとめると、夏バテによる秋乾燥肌のレスキュー方法は

 

・水分補給をして、角質層を隅々まで潤すこと
・与えた水分を逃がさない様にすること

 

この2点が大切になってきます。

 

対策としては
水溶性の美容液で角質層を満たし、その潤いが逃げないよう、油分を含んだオイルやクリームを塗るのがおすすめ。

 

 

オイルパックで秋の肌乾燥を改善する

 

乾燥したお肌は、水分も油分も少ない状態です。
油分量が少ないから、水溶性の美容成分が蒸発しやすい!とも言えます。
40代になった頃から、自分が生み出す皮脂も少なくなっていくことも乾燥しやすい原因の一つ。
そこへ空気の乾燥が響くわけです。
一番重宝するスキンケアアイテムが美容オイル。

 

ヤバイ!って感じた時におすすめなのが、オイルパック。
入浴中にやるのがおすすめ。
洗顔して、蒸気で柔らかくなったお肌は、オイルが馴染みやすくなっています。
お顔の水分を拭き取り、フェイスオイルを塗ってマッサージをしましょう。
マッサージが終わったら、そのまま湯船に浸っていてOK。
お風呂から上がるときに、軽くお湯ですすいで、タオルで水分を抑えます。
お風呂から上がったら、化粧水を塗って、いつものケアをするだけ。
化粧水の浸透が良くなると思います。

 

これは、ある意味、導入ケアです。
フェイスオイルは導入としても使えるんです。

 

お風呂で使うのは嫌だわ~という場合は、お風呂上りの化粧水の前に使うとか
または、美容液の後に使うこともできます。

 

また、お風呂上りにオイルを塗って、ラップで覆うラップパックもおすすめ。
柔らかくなったお肌に塗り、密閉することで、より馴染みやすくなり、しっとり感が蘇りますヨ。

 

 

体の中から秋の肌乾燥を改善する

 

また、夏バテ肌は、新陳代謝力も低下しているので、体の中からのケアも大切です。
皮膚再生や新しい肌細胞を生み出すのは、体の中から!
体の中の状態が整っていないと、スキンケアに力を入れたところで、効果はあまり上がりません。

 

体やお肌を老化させる活性酸素の増殖を抑え、体の中からクリアにすることで
血液循環が整い、栄養分がお肌にも届きやすくなっていきます。

 

正常な皮膚を生み出すために必要なたんぱく質(アミノ酸)や
たんぱく質がたんぱく質として機能するために必要なビタミン。
更には、そのビタミンを活性化させるためのミネラルなどが必要になってきます。

 

こういった多くの栄養素が一度に摂れるのがプラセンタ!

 

活性酸素の増殖を抑える抗酸化作用。
血液循環を整える作用。
そして、アミノ酸やビタミン・ミネラルまで含んだサプリメントです。

 

体の外からの乾燥対策と、体の中からのプラセンタ対策は
私も経験していますが、一番効率がいい対策法だと思っています。