大人ニキビを治すサプリメント

 

ニキビは、肌質でできやすい人もいますが
できる年代でも原因が違ってきます。

 

icon-check01-red10代のニキビ

ホルモン成長期なこともあり、ホルモンバランスが乱れることや
油分を含んだ食事が多い・・・などが原因になり、皮脂過多になりやすい。

 

icon-check01-red20代のニキビ

10代ではなかった人が、20代になってニキビデビューをすることがあります。
それは、社会で働くようになり、ストレスを感じるようになることが原因になります。
女性の場合、ストレスとホルモンは密接な関係にあるゆえ
ストレスを抱えれば抱えるほどニキビはできやすくなります。

 

icon-check01-red30代のニキビ

30代のニキビも、20代とほぼ同じ。
バリバリ仕事をこなしている人ほど、ストレスを抱え
結果、皮脂も出やすくニキビもできやすくなります。
ストレスを抱え過ぎ、若年性更年期障害がでる人もいるようです。

 

icon-check01-red40代のニキビ

40代のニキビは、ストレスの他
ホルモンバランスの乱れや、肌乾燥などが原因になります。

 

 

icon-check01-red40代後半~50代のニキビ

この年代に多いのが更年期ニキビ。
女性ホルモンが減ってしまうことから、自然と男性ホルモンが優位になってしまいます。
ホルモンバランスが乱れてしまうわけです。

 

 

この記事では、40代以降の大人ニキビについて書いています。

 

40代以降の大人ニキビの原因は

・ストレス

ボルモンバランスの乱れ

・睡眠不足

・栄養バランスの乱れ

 

ストレス

日常的にストレスを感じていると、活性酸素が増え続け、体内では大量にビタミンCが消費されます。
体内を健やかに保つために必要なビタミンCが慢性的に不足することから
バランスを欠いて、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

ストレスの大きさに比例して、ビタミンC消費量が多くなるので
日頃からストレスを感じている場合は、多目のビタミンCをとるのがおすすめ。

 

ビタミンCは水溶性なので、摂りすぎた分は排出されるため、過剰症の心配はほぼありません。
野菜や果物、サプリメントで補うのも良いかと思います。

 

また、自律神経バランスを整えるプラセンタもおすすめです。

 

ホルモンバランスの乱れ

40代になった頃から悩まされる大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因のことが多くなります。
どうしても避けられない道ですが。

 

更年期を控えたこの時期は、体内に蓄えてあったものがどんどん減っていく時期です。
ビタミンB2・B6・Eの血中濃度が低くなるので、これらの栄養素を補うのがすすめ。
ニキビで皮膚科へかかると、抗生剤・ビタミンB2・B6が処方されることからも
不可欠なビタミンだということがわかります。

 

icon-check01-redビタミンB2を含む食べ物
レバー・すじこ・うなぎ・卵黄・うに・たらこ・すっぽん納豆・のり・わかめ・しいたけ・抹茶・チーズ・アーモンド・ビーフジャーキー・・・など。

 

icon-check01-redビタミンB6を含む食べ物
肉類・魚類・レバー・とうもろこし・卵・はちみつ・豆腐・納豆・落花生・にんにく・バナナ・アボガド・・・など。

 

icon-check01-redビタミンCを含む食べ物
ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツ・ピーマン・焼き海苔・抹茶・イモ類・・など。
 

icon-check01-redビタミンEを含む食べ物
さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごま・玄米・牛乳・かぼちゃ・アーモンド・・・など

 

また、女性ホルモンエストロゲンと似た作用があるイソフラボンもおすすめ。
豆腐や納豆・煮豆・みそなど、大豆製品からとることができます。
また、プラセンタは、ホルモンバランスを整える作用もあります。

 

 

睡眠不足

睡眠不足が続いて、ニキビができた経験がある人も多いと思います。

 

体の疲れも肌の疲れも、眠っている間に修復れされ生まれ変わりますが、かかる時間は6時間!
睡眠時間が6時間を下回る場合、疲れを癒すことができす、修復も中途半端になります。
これがニキビの原因になります。

 

睡眠は、塗る美容液よりも効きます。

 

 

栄養バランスの乱れ

上記に挙げた、ビタミンB2・B6・E・大豆製品をとるのはもちろんですが
長年体の中に蓄えてきたものが失われていく時期なので
その他にも、多くの栄養素を必要としますので、偏らない食事を心がけましょう。