体を冷やさない食べ物

 

春夏秋冬、1年を通して、冷えない体を維持することは、健康美人の鉄則!
よく、冷たいものを食べ過ぎたーとか、飲み過ぎたーって言うときにお腹を壊しますよね。
これは、冷えてるよー温めてくれよーという体からの注意信号なんですよ。

 

暑い夏は、冷たい飲み物をきゅ~っと飲み干す!
生き返る瞬間ですよね~

 

戸外にいて汗がだらだら・・・体力はとても消耗します。
そんな時に、冷たい飲み物を飲んで生き返る!ほっとする!というのは、瞬間的に交感神経が優位になるから。
リラックスするからなんです。

 

継続して冷たいものを飲み続けると、お腹を壊すこともありますが

温かいものを食べたり飲んだりしていても、お腹は壊しませんよね。
それは、体の中にある酵素が、ちゃんと消化して代謝をしてくれているから。
この酵素は、ある程度の体温がないと、本来の正常な働きができなくなってしまうんです。
これは、低体温の人にも言えることで、酵素の働きがにぶくなっている可能性も!

 

低体温気味の人は、体内酵素が上手に働いていない可能性もあります。
一般的に、体温は、36.5度程度が良い!と言われています。

 

冷たい飲み物ばかりとっていると、体の中が冷える

循環力が低下

栄養素が全身を巡りにくくなる

細胞に栄養素が届かない

免疫力の低下

新しい皮膚が生まれにくくなる
病気になりやすくなる

 

最初の1杯は冷たい飲み物を飲んだとしても、2杯目からは、温かい飲み物を飲むのがおすすめです。

 

冷えない体を作るためには、食べ物も関係してきます。
この記事では、どういった物を食べたり飲んだりすればいいのかをご紹介します。

 

体温を上げる飲み物

 

ペットボトルの飲み物が、いつでもどこでも手に入りますよね。
まず温度ですが、水ならば常温。
夏でもできるだけ温かい飲み物がおすすめ。

 

●ハイビスカスティー
活性酸素の増殖を抑えるビタミンCが豊富なお茶。

 

●ウーロン茶・プーアール茶
抗酸化成分が多い茶。アンチエイジング効果が高い発酵茶。

 

●ルイボスティー
抗酸化力が高く、ビタミンも豊富なお茶。

 

健康にいいよ~と言われている緑茶は、ビタミン面では優秀なお茶ですが
体を冷やしやすくもなるので、飲みすぎない様にしましょう。

 

また、コーヒーも体を冷やします。
コーヒー好きには耳が痛い話ですが、飲む量を少し控えて、紅茶にするのもいいと思いますよ。

 

 

体温を上げる野菜

 

野菜にはそれぞれ旬がありますが、これは、その季節にあったものだから。
例えば、夏野菜は体を冷ますチカラがあるから、夏に収穫できるわけです。
夏野菜と言えば、きゅうりやとまと、ナスなどがありますが
体温を上げるには不向きの野菜になります。

 

土の中にできる根菜類は、体を温める効果があるので、根菜類を多目に、葉物とのバランスを考えて摂るのが◎。

 

ちなみに、葉物野菜は体を冷やしやすくします。
葉物野菜は体を冷やしやすい・・・とは言っても、栄養素は豊富で
血液の流れをすい~っとさせる効果があったりもします。
絶対食べてはダメ!ということではなく、食べ過ぎない様に・・・ということですね。

 

 

体温を上げる果物

 

果物には、温かい地域で収穫できる果物と、寒い地域で収穫できる果物がありますよね。
例えば、マンゴーとかパイナップルとかは、南国フルーツ。
温かい地域で収穫できる果物は、体を冷やす効果があります。

 

なので、果物は、寒い地域で収穫できるものがおすすめ。
りんごやさくらんぼ・ぶどう・いちじく・オレンジ・桃などがそうです。

 

 

体を温めるためには、ファーストフードや甘いものも控えるのもおすすめ。
砂糖は体を冷やしますし
ファーストフードでは、栄養バランスが乱れ、冷えやすくなってしまいます。
偏食をせず、体を温める食べ物を摂るようにしたいですね。

 

プラセンタには豊富なビタミン・ミネラル・アミノ酸等が含まれ
血液の流れもすいすいーっとしてくれる効果があります。
偏食がちの人はもちろん、冷えやすい人にもおすすめですヨ。