10

 

人の体には血液が流れていて、口にした栄養素を全身へ運んでくれます。
その栄養素が、肉となり骨となり、血液にもなるし、血管も作るわけですよね。

 

淀むことなくスイスイと流れるのが理想の血液。
ところが、いつもスイスイ流れているわけでもないんですよ。

 

はやり、年齢を重ねるごとにどろどろになっていき、それは、健康や美容にも影響し、そして、見た目年齢にも反映するんです。
同じ年齢でも若く見える人、そうでない人がいますよね。
血液力や血管力が大きく影響しているからです。

 

健康的ではつらつとしている人は、血液の流れもスイスイ。
血管も丈夫なんです。

 

血液の流れがとど凝りがちになると、体は冷えやすく、免疫力が低下することから病気にもかかりやすくなります。
血液の流れの良さは、今の体の状態を反映しているわけで
言い換えれば、体調が良くて健康だと感じる時は、血液の流れも良く、冷えにくいものです。

 

冷え症=血行が悪い=不健康になりやすい

 

ではでは、血液や血管を老化させてしまう原因と対処法をご紹介します。

 

血液・血管を老化させる原因

33

 

 

icon-check01-red運動不足
icon-check01-red体が冷えやすい
icon-check01-red食事に好き嫌いが多い
icon-check01-red活性酸素を放置している
icon-check01-red質の良い睡眠がとれていない(眠れない時に試したい 眠れるようになる方法8個

 

この5つが大きく関わっています。

 

運動不足・体が冷えやすい

運動不足の人は、体も冷えやすい傾向にあります。

 

立って生活をする人は、どうしても下半身に血液が溜まってしまいます。
男性には、冷え性の人って少ないですよね。
それは、筋肉量が女性に比べ多いからです。

 

筋肉が、下に溜まりがちな血液を上へ押し戻してくれるわけですね。
ところが、筋肉が少ない女性はそうはいきません。
運動をして血液を流してあげないと、下半身にたまったまんま。
冷えやすくもなるし、ふくらはぎもむくみやすくなります。

 

運動と言っても、走ったりダンベルを持ちあげたりなどはする必要はなくて
自分が心地いいと感じる程度の運動をすればOK。
歩くだけでもOKだし、ラジオ体操でもOKです。

 

●⇒貼るホッカイロ ただ貼るだけではもったいない!全身を温めるポイントがあった

 

 

活性酸素を放置している・偏食気味

体の中が錆びる!という言葉を聞いたことはありませんか?

 

人の体は生ものですので、実際には錆びることはありませんが
錆びる!という言葉に匹敵するのは、細胞が老化する!ということです。

 

活性酸素は、程よくあれば悪さをすることはありませんが、ストレスを感じたり、睡眠不足をするだけでも増えるし、紫外線を浴びただけでも増えます。
この、増えた活性酸素をそのままにしておくと、細胞が傷つき老化してしまいます。

 

この活性酸素を無害化してくれる一つが酵素。

 

酵素は誰でも持っているものですが、年齢と共に減っていってしまいます。
それゆえ、酵素を補うことは重要ポイント!

 

その酵素を含んでいる食べ物が、生野菜や生のお魚など。

 

最近は、野菜をあまり食べない人が多いようですが、生野菜を食べないと、活性酸素は増え続け、細胞を老化させてしまうんですよ。
食べ物に好き嫌いが多く、特に、野菜を食べない人は気を付けてくださいね。

 

 

血液の流れを良くする!血管を強くする食べ物

 

上記にあげた、生野菜や生の魚以外に、抗酸化力が高い栄養素をあげてみます。

 

●ビタミンE
ダイス・ダイス油・ひまわり油・とうもろこし油・レバー・魚類・ナッツ類・うなぎ
かぼちゃ・にら・菜の花・アボガド・黄ピーマンなど。

 

●ビタミンC
ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると、相乗効果が高まります。

 

芽キャベツ・ブロッコリー・キャベツ・柿・キウイ・いちご・みかん・オレンジ
抹茶・焼き海苔など。

 

●DHA
あじ・あなご・うなぎ・かつお・さば・さんまなど。

 

●EPA
まぐろ・いわし・さば・ぶり・さんま・さけなど。

 

●ポリフェノール
赤ワイン・そば・ココア・緑茶・ウーロン茶など。

 

納豆・黒豆・黒酢・海藻・緑茶・ねぎ類などもおすすめ。

 

これらは、血液の流れをスイスイとし、血管を丈夫にすると言われています。
サプリメントでは、EPA・ナットウキナーゼ・プラセンタなどがあり、私はプラセンタを飲んでいます。
生活習慣を見直し、口にするものを変えていくのが、血液サラサラ~冷えも感じにくく、健康的に若返る方法だと思いますヨ。

 

 

半身浴で血液循環はよくなるのか?

 

巷で人気の半身浴。

美容家さんでも勧めている人も多いようですが、本当に血液循環が良くなったり、冷え症が改善したりするのでしょうか?

 

半身浴は、元々、心臓病などの病気の人向けに考えられた入浴法なんですよ。
みぞおち辺りから下だけをお湯につけ、長時間湯船につかる、というもの。
冬だと寒いので、肩にタオルをかけて冷えないようにしながらやるのがいいようです。
半身浴をすると、じわ~っと汗がでてきて、血液循環がよくなり、温まるし、ダイエットにもなるとかならないとか。

 

タレントさんなどが、いいわよ~っていうと、そう?って感じでやりたくなりますが
血液循環が良くなるのは、やっている時だけです。

 

冬でしたら、湯上りはほかほか~
ですが、時間がたてば元に戻ります。
つまり、根本的に血液循環をよくする、ということはないわけです。

 

半身浴は、20分以上するのがいいと言われていますが
乾燥肌の人がやりますと、自分の皮脂が流れ出てしまうので、かさかさ~乾燥しまくります。
自分が持つ皮脂は、32度辺りから浮きやすくなります。
湯温は32度以上あるので、長時間湯船につかればつかるほど皮脂が奪われていく、ということになります。

 

美容面でもいいことはないし、血液循環にしても冷えにしても、思ったほどいいことはありません。

 

本当の意味で血液循環を良くし、冷え症を改善したいのなら、それは日常生活にあり!
運動をし、活性酸素を溜めこまない食生活をし、しっかり睡眠をとるのが基本です。

 

入浴は、疲れた体を癒し、副交感神経を高めるために役立ちますので
心地いいと感じる湯温で、あ~気持ちいい♪
と感じてこそ、良い効果が得られるものです。