プラセンタ効果

 

いらいらするとかキレルとか、そういったことが多い人は
マルシウムやビタミン不足のことが多いようです。

 

また、ストレスを感じやすい人は、ビタミンC消費量が多くなることもわかっています。
ビタミンCは、体内で作れないビタミンなので、毎日定期的に摂る必要があります。
摂りきれていないと、精神的疲労の他、肌荒れなどもでてきます。

 

プラセンタには、こういった必要な栄養成分が含まれています。

 

 

プラセンタサプリメント 自律神経調整効果

 

icon-check01-red自律神経のバランスを整える

icon-check01-redうつ症状を抑える

icon-check01-red血液の流れを整える

icon-check01-red精神安定

 

 

プラセンタには、直接的に自律神経のバランスを保つ効果があります。
イライラする時、キレやすい時などは、ビタミンバランスが整っていない場合もあります。

 

 

イラつく時に摂りたいビタミン栄養素

 

icon-check01-redマグネシウム
みそ・油揚げ・納豆・アサリ・きな粉・ひじき・昆布・のり・きくらげ・抹茶・唐辛子・切り干し大根

 

icon-check01-redカルシウム
桜エビ・チーズ・しらす干し・いわし・ししゃも・油揚げ・パセリ・モロヘイヤ・厚揚げ・しそ・ひじき・きなこ・切り干し大根

 

icon-check01-redビタミンD
レバー・卵黄・魚類・きのこ・干しシイタケ・すじこ・いくら・あん肝・きくらげ

 

icon-check01-redビタミンC
ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツ・ピーマン・焼き海苔・抹茶・イモ類

 

 

現代では、自律神経の調節がうまくいかず、バランスを崩してしまう人も多いようです。
朝起きたら、交感神経へシフト。
夕方から夜にかけては、副交感神経へシフト。

 

ストレスが多い人は、切り替わりもうまくいかず、不眠症になったり
寝てもすっきりしない、、、などの症状がでてきます。

 

プラセンタが自律神経調整にいいと言われるのは
アミノ酸やビタミンのお陰もありますが、何と言ってもNGF神経細胞成長因子ありき!だと思います。
自立神経のバランスを整え、うつ症状などに役立ちます。