3

 

プラセンタは、保湿や美白効果が認められている医薬部外品。

 

表皮細胞成長因子が、メラニンを表皮へ押し上げて、お肌のターンオーバーを健やかに整え
シミやくすみの能力を高めてくれます。

 

また、抗酸化作用が高いことから、紫外線を浴びて日焼けをしても、色素沈着しにくい様、お肌への影響を最小限に抑えてくれます。

 

シミができる原因

 

肌老化の原因の80%は紫外線によるもの
残りの20%は体の中からの老化だと言われています。

 

つまり、美白ケアには、外からのケアと体の中からのケアが必要だということです。
どちらかに偏りすぎても、十分な美白ケアができす、納得のいかない結果になってしまいます。

 

シミは、昨日紫外線を浴びたから、今日出来る!というものではなく
生まれた時からの、紫外線の蓄積によるものです。
毎日少しずつ溜めこまれ、年齢を重ね、限界を超えた時
代謝力が低下してきたときにでてきやすくなります。

 

シミができる原因はいくつかあり、おもな原因をあげてみると・・・

・紫外線の蓄積
・睡眠不足
・ストレス
・偏食
・喫煙

 

icon-check01-red紫外線の蓄積

昨日紫外線を浴びたから、今日シミができる!ということはありません。
子供の頃からの紫外線を蓄積した結果が30代40代になってでてくるわけです。
1度浴びた紫外線をゼロにすることは難しいもの。
今以上、紫外線貯蓄をしないよう、予防するのが肝心です。

 

紫外線の蓄積を予防するために使うのが日焼け止めクリームなどのUV効果があるものですよね。
最近は、紫外線吸収剤が悪者で、紫外線散乱剤が良い!と言われるようになってきていますが
それぞれメリットもデメリットもあります。

 

お肌に優しいとされている紫外線散乱剤を使った日焼け止めは
UV効果が高くなればなるほど乾燥しやすくなる!というデメリットがあり
また、紫外線散乱剤は、紫外線に当たると活性酸素を発生する!とも言われています。
お肌は、乾燥しないほうがシミはできませんし
活性酸素は少なければ少ない方がシミはできにくくなります。

 

最近は、紫外線UV-A・UV-Bの他に、ロングUV-Aや近赤外線による日焼けも問題視されています。
日焼け止めの中にも、ロングUV-Aや近赤外線に対処しているものもありますが
まだまだ少なくって、探すのも難しい状態です。
ロングUV-Aや近赤外線を浴びると、活性酸素が増殖してシミになりやすいのは同じです。
外から解決できない場合は、体の中から日焼け予防をしましょう。

 

icon-check01-red睡眠不足

睡眠不足が続くと、ニキビができたり肌荒れしたり、お化粧のノリが悪い・・・経験したことがあると思います。
睡眠不足は、健康力も肌力も低下します。
お肌は、眠っている間に、疲れた体やお肌を修復しますので
睡眠不足が続くと、細胞の修復がうまくできないことになります。

 

icon-check01-redストレス

多かれ少なかれ、誰もが抱えているストレス。
ちょっとのストレスはあったほうが張り合いがでますケド、増えれば増えるほど健康にもお肌にもいいものではありません。
ストレスは、自律神経のバランスを乱し、皮脂も出やすくなります。
また、活性酸素が増えることから、メラニンが暴走しやすくも!

 

icon-check01-red偏食

偏食をすると、シミを抑える抗酸化ビタミン不足にもつながります。
抗酸化作用が高いビタミンの代表は、ビタミンCやE。
健康のためにも美肌のためにも、偏食はしないほうが◎。

 

icon-check01-red喫煙

たばこを吸うと、大量の活性酸素が発生し、その増殖を抑えるためにビタミンCが消費されます。
そのため、たばこを吸い過ぎると、ビタミンC欠乏症気味にも。
喫煙で抗酸化ビタミンが消費されてしまうため、体内やお肌において使われるビタミンは不足してきます。
結果、シミができやすくなってしまいます。
ビタミンCは、体内で合成できないビタミンなので、食事で補う必要なあります。

 

 

シミの主な原因は、上記にあげたようなことになります。
これらに共通するのは活性酸素!
体の外からも、体の中からも活性酸素の発生・増殖を抑えることが大切です。

 

UV効果があるものを使って紫外線を予防することで、体の外から活性酸素の増殖を抑えることができます。
そして、毎日口にするもので体の中から活性酸素の増殖を抑えることができます。
食事だけで補えない部分をプラセンタで補っていますが、それは活性酸素の増殖を抑える効果があるから。
飲む日焼け止めとも言えると思っています。私は欠かさず飲んでいます。

 

プラセンタサプリメントの美白効果

 

icon-check01-red美白・保湿

icon-check01-redコラーゲンの生成

icon-check01-redシミやソバカス・あかぎれなど皮膚症状

icon-check01-red冷え性の緩和

icon-check01-red血液循環を促す

icon-check01-red血液の生成を促す

icon-check01-red抗酸化作用

 

 

多くのお肌への効果があり、上記のような効果がもたらす相乗効果もあります。

 

美白と言うと、美白化粧品を思い浮かべる人も多いと思いますが、化粧品だけでは補いきれません。
プラセンタサプリメントは、研究段階で美白効果が認められています。
美白には、体の中から活性酸素を抑える!という部分も大切。

 

血液の流れを良くして冷えにくいようにしたり
抗酸化力が高いものを口にすることで、中からシミを出にくく!予防することも必要になってきます。

 

 

プラセンタのメラニンへの作用

 

・メラニンの過剰な生成を予防する
・メラニンが黒くならないよう予防をする
・メラニン色素の排出を促す

 

プラセンタには、シミの原因になるメラニン色素へ働きかける作用もあり
美白にも役立ちます。

 

厚生労働省認可美白成分にはプラセンタも含まれています。

 

icon-check01-redアルブチン
icon-check01-redビタミンC誘導体
icon-check01-redエラグ酸
icon-check01-redルシノール
icon-check01-redプラセンタエキス
icon-check01-redカモミラET
icon-check01-redトラネキサム酸
icon-check01-redリノール酸
icon-check01-redコウジ酸
icon-check01-red4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
icon-check01-redマグノリグナン
icon-check01-redハイドロキノン

 

 

プラセンタの肝斑への効果

 

ホルモンバランスの乱れからでてくるのが肝斑。30代~40代にできやすくなります。
左右の頬に、左右対称にもや~としたシミができます。
女性ホルモンを整えるプラセンタは、新陳代謝を整える効果があることから
肝斑改善にも役立ちます。

 

これは私も実感していて、プラセンタサプリメントを飲み続けていることで
肝斑はできませんでした。
継続して飲んでいて良かったな~と思っています。

 

 

シミ漂白・予防にいいビタミン・栄養素

 

毎日の食事で意識してとりたい抗酸化ビタミンは、ビタミンCとビタミンE。

 

icon-check01-redビタミンCを含む食材
ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツ・ピーマン・焼き海苔・抹茶・イモ類

 

icon-check01-redビタミンEを含む食材
さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごま・玄米・牛乳・かぼちゃ・アーモンド・マヨネーズ・マーガリン・大豆油

ビタミン効果とビタミンを含む食べ物参照

 

 

その他、下記のような食材もおすすめです。

 

icon-check01-redハイドロキノンを含む食べ物
いちご類・紅茶・麦芽・コーヒー

 

icon-check01-redエラグ酸を含む食べ物
ラズベリー・いちご・ぶどう

 

 

年齢を重ねれば重ねるほどに出てくるのが、シミやくすみの差。

 

うまれたての赤ちゃん肌へ100%戻ることはできないけれど
メラニン細胞を押し上げるチカラにテコ入れをし
今よりも健やかなお肌へ逆戻りする可能性が高い成分プラセンタ。

 

血液の流れがよくなるので、プラセンタでとった栄養成分を、全身へくまなく届きやすくなり
新陳代謝も活発になります。