乳液とクリームの違い

 

 

一般的なスキンケアの順番は
洗顔をしたら、化粧水を塗ってから美容液を塗ります。

 

では、美容液の後は何を使いますか?
乳液?それとも美容クリーム?どっちも使いますか?
私は、乳液は使わず美容クリームを使っています。

 

それには理由があります。
乾燥肌だと言う事と、乳液と美容クリームの成分はほとんど同じだから。

 

この記事では、乳液と美容クリームの違い、どっちを使ったほうがより潤い美肌になれるのかを書いています。

 

乳液の効果

油分を含み、さらりとした潤いを肌に与え、乾燥しない様に保湿をするのが乳液です。
1本の20~30%が油分。

 

肌には、水分も必要だけど、油分も必要。
20代の頃は、水分も油分もたっぷりあるので、乳液すら必要ないものですが
年齢を重ねると、油分量が減っていくことから、水分が逃げやすくなってしまいます。
そのため、外から油分を補うことはとても大事。
必要度は、年齢の数に比例します。

 

美容クリームと比べると、テクスチャーは緩やか。
ライトな保湿感が好きな人に好まれるかと思います。

 

最近では、朝に使うUV乳液・化粧下地の役目もこなす乳液も見かけるようになりました。

 

美容クリームの効果

油分を含み、しっとりとした潤いを肌に与え、乾燥しない様に保湿をするのが美容クリームです。

 

乳液はさらりとしたテクスチャーですが、美容クリームはこっくりしているので、しっとりと仕上がります。
コクがあるため、肌上に密着して、乾燥しないように保護してくれるほか
多くの美容成分を肌に届けてくれるため、肌質では乾燥肌向きです。

 

べたつくから美容クリームは苦手・・・と言う人もいますが
それは、先に塗った美容液が浸透しきらないうちに重ねてしまうからです。
スキンケアは塗るのではなく、浸透させることで潤い美肌へ近づけてくれるもの。
1つ1つをしっかり浸透させるプロセスはとても大事なのです。

 

乳液と美容クリーム どっちがいいの?

どちらが良い!というのは一概に言えません。
中身はほとんど同じなので、使う人の肌質や好みで選ぶのがよいかと思います。

 

最初に乳液を使って、それでも乾燥が気になるのなら美容クリームを重ねてもいいし
乳液を辞めて、美容クリームへ変えても良いでしょう。

 

夏は乳液を使い、冬は美容クリームでも良いでしょう。

 

どんな時でも、何を使うにしても、良いか良くないかはお肌が答えを出してくれます。

 

塗った後に、お肌の調子が良ければ、それが自分肌にとっての正解ですから。