夏太り解消法

 

 

暑い夏は、食欲が落ちて痩せる!
夏痩せと言う言葉があるけれど、最近は、痩せるどころか夏になると太る!
夏太りしてしまう人が多くなっているようです。

 

どうして夏になると太ってしまうのでしょう?

 

この記事では、夏太りの原因と解消法を書いています。

●運動不足

●夏バテ予防に食べ過ぎてしまう

●冷たいものを摂りすぎる

 

運動不足

熱中症の心配もある夏は、屋外で体を動かすことが少なくなり、涼しい所でごろごろ・・・
エアコンが効いた室内にいたら、屋外へ出るのが嫌になってしまいますよね。
運動不足のため、食べたカロリーを消費できなくなってしまいます。

 

食べたカロリー > 消費カロリー

 

夏は、冬に比べると、
運度不足は、筋肉量も減らすし、基礎代謝量も低下してしまいます。
春秋の過ごしやすい季節にしていた運動は、涼しい時間を見計らって、同じように運動をするのが◎。

 

 

食べ過ぎてしまう

夏太り解消法

 

 

夏バテしないように・・・と、お肉やうなぎなど、高カロリーのものばかり食べていると、夏に太る原因になります。

 

確かに、暑い日が続きますので、体は疲れやすくバテやすくもなります。
しかし、エアコンが効いた室内で過ごす場合と
屋外の暑い所で過ごす場合とでは、消費カロリーも違ってきます。

 

エアコンが効いた室内で過ごす場合は、高カロリーの食事はあまりとらないほうがベター。
かといって、そうめんやそばなど、喉ごしのよいものばかりでも体はバテやすくなってしまいます。

 

何を食べるにしても、やはりバランスは大切。
お肉を食べるのなら、野菜はお肉の倍量を食べる、などの工夫は欲しいところです。
野菜は、サラダだけでなく温野菜も食べるのが◎。
温野菜は体を冷やしにくくしてくれますヨ。

 

冷たいものを摂りすぎる

暑い日に、冷たいのみものをきゅ~っと飲むと、ほっとしますよね~
でも、毎回冷たい飲み物を飲んだり、かき氷を食べたり、アイスクリームを食べたり・・・
そうすると、体の中は冷えてしまいます。

 

体の中が冷えてしまうと、基礎代謝量が低下。
内臓を冷えから守るために、脂肪が付きやすくなってしまいます。

 

夏に太りやすい人は
適度に運動をして
冷たいものを摂りすぎない様にして
食事の栄養バランスを見直すといいかと思いますヨ。