自宅でやるムダ毛処理

 

冬は気にならないけれど、夏になると、腕や脚のムダ毛処理をしたくなりますよね~
抜いたり、剃ったり、塗ったり・・・
ムダ毛の処理方法はいくつかあるけれど、一番気をつけたいのは毛穴を傷つけないこと。
では、自宅でムダ毛処理をする場合、どの方法が一番肌を傷めないのでしょう。

 

この記事では、肌を傷めないムダ毛処理方法を書いています。

 

毛抜きで抜く

例えば脇の下。
毛抜きで1本1本、抜く人もいるかも知れませんが、毛穴にかなり負担をかけているのがこれ。

脇の下は、皮膚が柔らかい部分。
抜く!ということは、引きちぎるわけですから、毛根にかなり負担をかけていることになります。
場合によっては、雑菌が入り炎症を起こしてしまうかも知れません。
できるだけ避けたいムダ毛処理法です。

 

ワックス・テープ

TVなどでも見かけますが、必要な角質まで取り除いてしまうような気がします。
肌ダメージを考えると、どうなのかな・・・と。

 

カミソリで剃る

手軽にできるし、一気にムダ毛が剃れる簡単な方法がこれ。
しかし、何も塗らないでそると、肌表面を傷つけてしまうこともあります。
石けんの泡や乳液・クリームなどを塗ってから剃るのが◎。
T字のカミソリは人気です。

 

電気カミソリで剃る

電気カミソリも肌負担が少ない方法。
使用方法をよく読んで使いましょう。
剃った後は、忘れずに保湿をするのが◎。

 

除毛クリーム

腕や脚におすすめなのが除毛クリーム。
塗って放置して流すだけ、という簡単さが人気です。

 

肌質により合わない人もいるかも知れませんので
使う前に、腕の柔らかい部分にちょこんと塗って、パッチテストするといいでしょう。

 

肌負担がないムダ毛処理方法はどれ?

 

毛抜きで抜く・ワックス・テープ
この2つは、肌刺激が心配ですが
カミゾリ・電気カミソリ・除毛クリームは、比較的肌負担は少なく済むかと思います。
私は、除毛クリームを使うことが多いですが、肌荒れしたことはありませんヨ。

 

<ムダ毛処理方法>

まず、肌をきれいにしてからムダ毛処理をします。
処理をした後は、冷やしたタオルでクールダウン。
その後、クリームなどを塗って保湿します。

 

<ムダ毛処理注意点>

ムダ毛処理をした後は、肌バリア力が低下していることも多いので
処理をして、すぐに直射日光を浴びる、のようなことは避けましょう。
例えば、海へ行くためにムダ毛処理をする場合は
最低でも、行く3日前に済ませるのが◎。