1

 

45歳~55歳くらいの10年間が更年期と呼ばれている年代。
この期間にでてくる様々な不調を、まとめて更年期障害と呼んでいます。

 

のぼせ・ほてり・肩こり・頭痛・めまい・不定愁訴・イライラ・発汗・倦怠感・不眠・冷え症・肌荒れ・憂うつ・・・

 

症状は様々ですが、不調で病院へかかっても、原因が特に見当たらない場合は、更年期障害だと言われることが多いようです。

 

 

プラセンタサプリメントの更年期障害効果・口コミ

 

プラセンタには、更年期障害を緩和する効果もあると言われていて
更に、更年期にありがちな、自律神経のバランスも整えてくれます。
すぐいらっとしたり、きぃーっとしたり、そういった症状を緩和してくれるんです。

 

これは私も実感していて
今の私の場合、更年期障害かと思われる症状はたった一つだけ。
自分の意識とは無関係に、体が熱くなるホットフラッシュだけです。
このホットフラッシュも、汗が流れるようなことはなくて
体が熱くなる程度で済んでいます。

 

いらいらしたり、きぃーっとなったり、かといって落ち込んだり・・・
のような症状はまったくありませんヨ。
こういった更年期症状には悩まされることなく過ごしていられるのは、プラセンタのお陰だと思っています。

 

更年期症状が出やすい人には特徴があって
それは真面目な人だと言われています。

 

全部自分で背負い込んでしまうことで、気持ちが追いつめられ
いらいらしたかと思えば落ち込んでみたり・・・更年期症状につながってしまうようです。
更年期に、親の介護などが重なる人もいるかと思いますが
これも更年期症状の原因の一つです。

 

私も、どちらかと言えば真面目な方で、若い頃は、仕事も家事も完璧にこなさなくてはならない!
義母がいたこともあり、毎日そう感じていたんですよ。
やっと子育てが終わったと思ったら、義母の介護・・・
この時すでに、更年期と言われる年代になっていました。

 

やはりストレスは溜まります。
そこで、完璧は辞めました。
できないならやらなくていいし、ご飯だって手を抜いたっていい。
まずは気持ちを切り替えて、そうしたら随分楽になったんです。

 

更年期年代になったら、まずは手抜きを (* ̄m ̄)
体を壊してしまっては何もできないですものね。

 

そんな更年期まっただ中ですが、心に余裕が持てたこと。
プラセンタを継続して飲んでいたこともあり
快適な毎日を過ごせるようになりました。

 

プラセンタの更年期障害に関する効果は、下記のようなことが言われています。

 

icon-check01-red更年期障害を緩和する

icon-check01-red自律神経を調節する

icon-check01-red精神を安定させる

icon-check01-red冷え性の緩和

icon-check01-red血流を整える

 

 

更年期に摂りたいビタミン栄養素

 

更年期と言われる年代は、ホルモンバランスが乱れる時期。
卵巣機能が衰えてエスロゲンの分泌が減っていき、卵胞を刺激するホルモン分泌が上昇。
刺激がでても、卵巣がそれに対応できない!というアンバランスな状態になるため、不快な症状がでてきます。

 

これらの不快な症状が更年期障害。
自律神経のバランスも乱れ自律神経失調症にも。

 

過激なダイエットや喫煙、ストレスなどは、卵巣機能低下に影響を与えることがあるようです。

 

更年期の女性の多くは、ビタミンB1・B2・Eの血中濃度が少ない傾向にあるようです。
そういったビタミンを補う意味でも、プラセンタサプリメントは役に立つと思います。

 

プラセンタサプリメントはホルモン剤ではありませんが
女性ホルモンのエストロゲンを分泌すると言われています。

 

プラセンタサプリメントが更年期障害にいいと言われているのは
プラセンタが持つ成長因子の中でも、NGF(神経細胞成長因子)の存在が大きく
また、アミノ酸等の複合的な働きを持っているからです。

 

更年期障害に悩まされる頃に気を付けたいのが骨粗しょう症。

 

閉経後の女性に多くなります。
というのは、女性ホルモンのエストロゲンが減ってしまうから。

 

骨からカルシウムが溶けだすのを防いで、丈夫な骨を保ってくれているのがエストロゲンなんです。
骨粗しょう症の薬もありますが、カルシウム摂取も意識したいですね。

 

icon-check01-redビタミンE
さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごま・玄米・牛乳・かぼちゃ・アーモンド・マヨネーズ・マーガリン・大豆油

 

icon-check01-redビタミンB1
豚肉・たらこ・うなぎ・レバー・ハム・ベーコン・いくら豆類・玄米・のり・わかめ・しいたけ・こんぶ・きなこ・焼きふ・かつおぶし・ごま・ナッツ

 

icon-check01-redビタミンB2
レバー・すじこ・うなぎ・卵黄・うに・たらこ・すっぽん納豆・のり・わかめ・しいたけ・抹茶・チーズ・アーモンド・ビーフジャーキー

 

icon-check01-redカルシウム
桜エビ・チーズ・しらす干し・いわし・ししゃも・油揚げ・パセリ・モロヘイヤ・厚揚げ・しそ・ひじき・きなこ・切り干し大根

 

 

こういったものを食事で補うことはもちろんですが
プラセンタサプリメントで、バランスを乱さない様にするのもおすすめです。