半身浴デメリット

 

 

美容のために半身浴をする人が多いようですが、実は、半身浴にはデメリットもあります。

 

まずは入浴効果をあげてみると

・体が温まる

・水圧で血行が良くなる

・浮力にリラックス作用がある

 

血行が良くなることから、疲労回復や肩こり改善にもなるし
自律神経バランスを整える効果も期待できますし
新陳代謝を高めることも期待できます。
入浴している時だけ!という一時的なものですが、体に良い効果があります。

 

一般的に言われている半身浴は
20~30分程度、ぬるめのお湯にみぞおちあたりまでつかること。

 

普通に入浴するより発汗作用があり、血行がよくなる効果がある、と言われています。
女性は冷えやすい人も多く、下半身を温めるためにも、半身浴が良いようです。

 

しかし、半身浴のし過ぎで体調を悪くしてしまう人もいるので、注意が必要。
半身浴には水分補給が欠かせませんが、まずは、半身浴30分前に水分をとるのがおすすめ。
最初に飲むことで半身浴中の脱水症状を抑えます。

 

 

半身浴のデメリット

 

いいことだらけの半身浴ですが、デメリットもあります。

・肌が乾燥する

・体が温まるのは一時的

 

乾燥肌の人は、普通に入浴するだけでも乾燥を感じます。
長湯することで、更に乾燥してかさかさになってしまいます。

 

確かに体は温まり血行もよくなりますが、お風呂から上がり、時間がたてば元に戻ってしまいます。
それどころか、冬だったら冷えてしまうかも知れません。
根本的に、血行を改善することにはつながらないわけです。

 

本当の意味で血行を良くするのは、運動です。
全身を動かすことで、体の隅々まで血行が良くなるのです。

 

半身浴をして、気持ちいい~ゆったりできる~
と感じる人はいいと思いますが
気持ちよくはないけれど、義務感のようなものでやっているのならやらないほうが無難。
ゆったりできるはずのバスタイムで、ストレスをためてしまうようなものですから。

 

半身浴は、元々、心臓病などを持つ人にために考えられた入浴法。
負担をかけない様に入浴するために考えられたものです。

 

メリット・デメリットを考えたうえでやってみてくださいね。