飲むサンスクリーン

 

 

肌を老化させる悪玉光には、UV-A・UV-B・ロングUV-A・ブルーライト・近赤外線があります。
市販されてるサンスクリーン剤の多くは、UV-A・UV-Bを予防するものです。
ブルーライト・近赤外線を予防することはできないと言われています。

 

この記事では、どうしたらすべての悪玉光を予防することができるのか?
について書いています。

 

まずは、UV-A・UV-Bを予防するサンスクリーン剤について。

 

サンスクリーン剤には、必ずSPFとPAが書いてあります。
市販のサンスクリーン剤を使う時は、SPFとPA,どっちを重要視するのが良いのでしょう?

 

サンスクリーン剤の表示は
一般的にSPF表示がどん!っと書いてあって
PAの+表示は、おまけのように書いてありますよね。
ついつい、SPF数値が高いものを手に取ってしまうかと思いますけど
実は、大事なのはPA表示!
おまけのように書いてある+の数に注目するのが、賢い買い方なのです。

 

SPFって何?

紫外線を浴びると、肌表面が赤くなりますが
この赤くなるUV-Aを予防するのがSPF。

 

現在では、SPFの最高値は50
50以上の効果が期待できるよ~って言う場合は、50+で表示されます。

 

SPFは、日常生活と炎天下で過ごす時など、パターンによって選ぶのが賢い選び方。
毎日でもSPF50を使っていればいいのでは?
という疑問もでてきますけど、SPF値は、数値が高くなればなるほど、肌負担が大きくなります。

 

●SPF10~20・・・日常生活

●SPF20~30・・・屋外で過ごすこともある

●SPF30~40・・・長時間屋外で過ごす時

●SPF40~50・・・炎天下で過ごす時

 

 

PAって何?

肌奥へ届いて、肌弾力を保つコラーゲンやエラスチンを劣化させ、細胞も傷つけるのがUV-A。
PAは+の数で強弱を知ることができます。
PAの最高値は++++です。

 

コラーゲンが劣化するということは、コラーゲン線維が、肌ハリや弾力を保てなくなる!
ということです。
将来的に見ると、+が多い方が、将来的に肌影響が表面化しにくく
たるみやしわに悩まされにくくなるわけです。

 

●PA+  ・・・効果がある

●PA++ ・・・より効果がある

●PA+++ ・・・強力な効果がある

●PA++++・・・非常に効果がある

 

PA値は、+が多くなっても、SPFのような肌負担はないと言われているので
SPF値が小さくても、+の数は多い方がおすすめです。

 

最近は、UV-AやUV-Bの他に
ロングUV-Aやブルーライト・近赤外線も肌老化を加速させると言われています。

 

太陽光を波長でざっくり分けると、紫外線・可視光線・赤外線。

・ロングUV-Aは紫外線。
・ブルーライトは、紫外線と可視光線をまたぐ波長。
・近赤外線は赤外線です。

 

 

ロングUV-Aって何?

UV-Aよりも波長が長く、真皮層の深いところまで届く紫外線。
サンスクリーン剤では「ロングUV-A対応」と記載があります。

 

ブルーライトって何?

パソコンやスマートフォン・LED照明に含まれている光。
ロングUV-Aより、やや深いところまで届きます。
目に負担をかけると言われていますが、肌も老化させると言われています。

 

ブルーライト予防対策では、パソコンやスマートフォンのモニターに
ブルーライトカットフイルムを貼るのが簡単な方法です。

 

近赤外線って何?

太陽光・テレビ・こたつなどから照射されるのが近赤外線。
エネルギーは小さいけれど、肌を老化させるチカラは、UV-Aの5倍とも!
真皮層の奥の筋肉組織まで届きます。
照射を始めてからだんだんダメージが増し、3日後には倍増すると言われています。

 

 

サンスクリーン剤が効かない!

UV-AやUV-B・ロングUV-Aは、サンスクリーン剤で予防することができます。
ブルーライトは、モニター画面にフイルムを貼ることで予防できます。
じゃあ、近赤外線はどうすんの?って話。
実は、塗るサンスクリーン剤では、予防することが難しいと言われているんですよ。

 

放っておくしかないのか・・・
でも!諦めなくて大丈夫!!

 

近赤外線を含め、上記の悪玉光は、活性酸素を増殖させ
それが、肌老化や細胞老化につながってゆくので
この活性酸素を増殖させないようにすることで、肌老化を抑えることが可能なのです。

 

どこにいても、悪玉光を発する太陽光・電化製品に囲まれている現代は
体の中から活性酸素の増殖を抑える時代。
つまり、サンスクリーンは、塗る時代から、飲む時代へ変わってきている!

 

 

どういったものを飲めば、活性酸素の増殖を抑えることができるのかと言うと

候補はいくつかあります。

・ビタミンC

・ビタミンE

・ビタミンA(β-カロテン)

・プラセンタ

 

ビタミンCやビタミンE・ビタミンAは、食事でも補えるし、サプリメントで補うこともできます。

 

プラセンタはサプリメントで補うことができます。
抗酸化作用が高いプラセンタは、ビタミンCやEを含み、活性酸素の増殖を抑えるのはもちろんですが
グロースファクターを持っていることから
悪玉光で傷ついた細胞を修復したり、新しい細胞の生まれ変わりにも貢献してくれます。
新陳代謝力も高め、美白効果も得られます。

 

飲む日焼け止めの代表と言っても良いかと思いますヨ。

 

飲む日焼け止め+サンスクリーン剤

 

2つを合わせれば、より日焼け止め効果が高まり、肌老化を抑えることができます。